「道後温泉 本館」の朝湯

温泉を楽しみたいならば、
おすすめは愛媛県の松山市にある「道後温泉」。

日本の温泉の中でも取り分け古く、長い歴史を持つことから、
観光スポットとして毎年多くの人が訪れています。

そんな「道後温泉」のシンボルとも言えるのが、「道後温泉 本館」。
戦前に建てられた近代和風建築の建造物は大変美しく趣があるので、

多くの人の目を楽しませています。

そんな「道後温泉 本館」の目玉の一つが、朝湯です。

「道後温泉 本館」では、朝の6時になると鐘が鳴ります。

この鐘の音が朝湯の合図。

地元客から観光客まで、朝一番のお湯を楽しみます。

鐘と共に始まる朝湯は、今や「道後温泉 本館」の名物。

朝一番のお風呂を楽しむために訪れると言う人は多いです。
この朝の鐘は「刻太鼓」と呼ばれており、

「道後温泉 本館」の振鷺閣から鳴り響きます。

地元客と観光客、
どちらからも愛されている「道後温泉 本館」の朝湯。

愛媛観光の際には是非とも立ち寄りたい、

おすすめのスポットです。

道後温泉の「又新殿」

愛媛県を代表するおすすめ観光スポットと言えば、
松山市にある「道後温泉」。

日本三古湯の一つに数えられる、
長い歴史を持つおすすめの温泉スポットであり、
毎年多くの観光客が訪れることから、
愛媛のみならず日本の代表的な温泉地として有名です。

「道後温泉」のシンボルと言えば、「道後温泉 本館」が有名。
戦前に建てられた建造物なので趣があり、
ゆったりとお風呂を楽しむことも可能です。

そんな「道後温泉 本館」ですが、
おすすめは何もお風呂だけではありません。

「又新殿 (ゆうしんでん)」の観覧も見所の一つ。

「又新殿」は明治32年に建てられた皇室専用の湯殿であり、
昭和25年には昭和天皇が実際に来浴されました。

玄関の間、御次の間、玉座の間からなる造りになっており、
桃山時代風の建物は大変美しく、趣があります。

道後温泉に行くなら、
是非とも「又新殿」も観覧しておきたいですね。

なお「又新殿」は250円で観覧することが出来ます。

「道後温泉本館」の料金とサービス

「道後温泉 本館」と言えば、別名「坊ちゃん湯」とも呼ばれ、
夏目漱石の「坊ちゃん」にも登場した愛媛の有名な観光スポット。

愛媛に観光に行く場合は、
是非とも立ち寄っておきたいおすすめの場所です。

「道後温泉 本館」は温泉スポットとしても有名で、
毎日多くの人がお風呂に入りにやって来ます。

お風呂の種類は「神の湯」と「霊の湯」の二種類。

「神の湯」は二階にあり、
入浴料金は休憩無しの階下なら400円で、
二階の休憩所も利用すると800円になります。

また「霊の湯」は休憩込みで1200円ですが、
三階個室での休憩にすると1500円。

何れも温泉地ならではの風情を楽しむことが出来るので、
愛媛観光の際には是非とも立ち寄りたいスポットです。

なお、どのお風呂に入るか、
どの料金を支払うかによってサービスも変わってくるので、
旅行前に「道後温泉物語」と言うホームページを参考にして
検討してみると良いでしょう。

250円で観覧出来る又新殿もおすすめです。

ジブリファンなら見ておきたい道後温泉本館

ジブリの大ヒット映画「千と千尋の物語」で
主人公の千尋が働く事となる油屋ですが、
実は実在の建物を参考にしています。

ジブリと「千と千尋」ファンに是非ともおすすめしたい観光スポットは、
愛媛県の松山市にある「道後温泉」。

「道後温泉」と言えば、愛媛県を代表する観光スポットですが、
その中でも特におすすめとされる「道後温泉 本館」は、
油屋のデザインの参考にされたと言われています。

「道後温泉 本館」は、
戦前に建造された近代和風建築の建物。

愛媛観光の際には是非とも立ち寄りたいおすすめスポットとして、
多くの旅行雑誌やホームページに取り上げられています。

実際に「千と千尋の神隠し」の制作スタッフが
スケッチを行ったと言う記録も残っており、
「千と千尋の神隠し」ファンなら是非とも間近で見たい建物。

本館には「神の湯」と「霊の湯」があり、
実際にお風呂に入ることも出来るので、
観光に行った際には道後温泉の滑らかなお湯を楽しんでください。

道後温泉のシンボル「道後温泉 本館」

皆さんは、愛媛県の観光をする場合何処に行きますか?
愛媛県のおすすめスポットは幾らでもありますが、
中でも多くの人が訪れるのが道後温泉です。

ここでは「道後温泉 本館」について紹介していきます。

明治27年に建築され「道後温泉 本館」は、
道後温泉エリアのシンボル。

三層楼の重厚な建物で、観光スポットとしてもおすすめです。

「道後温泉 本館」で楽しめるお風呂は、
「神の湯」と「霊の湯」の二種類。

「神の湯」は一階にある大浴場で、
「霊の湯」は二階の小さなお風呂になります。

なお二階には「霊の湯」の他に、
「神の湯」を入浴する人のための脱衣所もあります。

泉質は何れも日本人のお肌に合うアルカリ性単純泉。

滑らかなお湯のお風呂は美容や健康にも良いと、
毎年多くの観光客が入浴していくおすすめのスポットです。

なお「道後温泉 本館」では、
宿泊は無しの日帰り入浴を楽しむことも可能なので、
観光中の際の空いた時間に
「道後温泉 本館」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

白鷺伝説がある道後温泉

四国の中でも温泉の明地として有名な愛媛県。
中でも道後温泉は日本三古湯の一つに数えられ、
神話や逸話にも登場する長い歴史を持つ温泉です。

観光スポットとしてもおすすめなので、
愛媛旅行に行く際には是非とも立ち寄ってみてください。

道後温泉スポットを観光するなら、
やはり温泉に入るのがおすすめ。

道後温泉は「白鷺伝説」にも登場する温泉です。

足を痛めた白鷺が湧き出る湯に傷を浸したところ、
傷が治って白鷺は飛び立った。

これが道後温泉の始まりと言われています。

このため道後温泉には白鷺のモチーフが用いられる事も多く、
白鷺伝説の名残を見ることが出来るでしょう。

神話の時代からある道後温泉。

愛媛を観光する際には是非とも立ち寄りたい、
おすすめスポットです。

なお道後温泉の近辺には、
多くの旅館やホテルがあるだけでなく、
様々な見所もあるので要チェック。

「道後物語」と言うホームページには、
おすすめの観光ルートの紹介もあるので、
参考にしてみると良いでしょう。

長い歴史を持つ道後温泉

四国の北西に位置する愛媛県を代表する観光地と言えば、
やはり「道後温泉」。

旧・伊予国(現在の愛媛県松山市)に湧き出た温泉は、
愛媛どころか日本を代表するおすすめ温泉スポットであり、
日本三古湯の一つに数えられています。

毎年多くの観光客が訪れるおすすめスポットで、
夏目創作の代表作でもある「坊ちゃん」にも登場しました。

道後温泉は、先述した通り日本三古湯の一つ。

その事実からも分かるように、
日本の中でも取り分け長い歴史を持つ温泉になります。

その年数は、なんと3000年。

「白鷺伝説」や「伊予国風土記逸文」など、
神話や古い文書にも道後温泉に関する記述が見られるだけでなく、

あの「源氏物語」にも伊予の湯桁として登場します。

これだけだと信憑性に乏しいと思われるかも知れませんが、
約3000年前、縄文中期の土器や石鏃が、
冠山から出土されてるのが道後温泉の歴史の証拠。

愛媛観光の際には、
長い歴史を持つ道後温泉に是非とも立ち寄ってみてください。

このページの先頭へ