「ハタダお菓子館」の栗タルト

旅行へ行く時に、
雑誌やホームページを利用して事前にチェックしておきたいのが、
その観光スポットにはどのようなお土産があるのか。

お友達や家族、職場の人用のお土産はもちろん、
自分用にもおすすめのお土産をチェックしておきたいですね。

愛媛観光をする場合におすすめしたいお土産スポットが、

「ハタダお菓子館」になります。

「ハタダお菓子館」のおすすめは、何と言っても栗タルト。

タルトと言うとホールケーキの形状を想像するかも知れませんが、
愛媛のタルトは薄いカステラのような生地の中にあんこを塗り、

それをロールケーキ状に巻いたものになります。

観光客にも大変人気があり、
「ハタダお菓子館」はおすすめのお土産スポットとして人気。

また「ハタダお菓子館」では、
無料で栗タルトの製造を見学出来るだけでなく、
実際にタルト作りを体験することも出来ます。

スタッフがついて作り方を教えてくれるので、
お子さんと一緒に体験してみてはいかがでしょう。

亥の子祭の「遊子包丁汁」

皆さんは「亥の子(いのこ)祭」をご存知でしょうか。

日本の中でも西の地方に見られる祭であり、
11月に宇和島市の遊子(ゆす)スポットで開催されています。

亥の子祭は無病息災と子孫繁栄を願い、
豊作を祝うお祭りになりますが、
そこで振る舞われるのが「包丁汁」と言う料理です。

お祭りやイベントの際に、
遊子漁協女性部が作る「遊子包丁汁」の特徴は、
何と言ってもそのスープ。

鯛の中骨をオーブンで焼いた後に茹でることで、
透明なスープを作るのです。

鯛の美味しさがぎゅっと詰まったスープを隠し味で味付けし、
自家製の麺を直接出汁で煮込むのが「遊子包丁汁」。

一見するとうどんのようですが、
もちっとした食感はお団子のようでもあります。

加えて、具材は鯛の切り身。

鯛のスープの中に鯛の切り身まで入った、
贅沢だけど優しい味の郷土料理になります。

グルメスポットとしても知られる愛媛。

観光の際に亥の子祭に参加することが出来たら、
是非とも食べておきたいおすすめ料理です。

ご当地グルメ「今治焼豚玉子飯」

普段から食べることが大好き、と言う方なら、
旅行に行き、観光地を訪れる際には、
事前に旅行雑誌やホームページから
おすすめのグルメスポットをチェックしていることでしょう。

そんな方が愛媛観光をする際におすすめしたいグルメスポットは、
愛媛県の北東部にある今治市(いまばりし)です。

今治市のおすすめグルメは、何と言っても「今治焼豚玉子飯」。

食堂五番閣と言うお店のまかないから生まれたこの料理は、
知る人ぞ知るB級グルメです。

一体どんな食べ物なのかと言うと、
丼に盛ったご飯の上に焼き豚のスライスを乗せ、
その上に半熟の目玉焼き、
更に甘辛のタレと塩胡椒で味付けすると言うもの。

一見するとシンプルな料理のようですが、
お店ごとに調理法やタレの味が違うので、
様々な「今治焼豚玉子飯」を楽しむことが出来るでしょう。

ご当地グルメがお好きな方には是非ともおすすめしたい、
「今治焼豚玉子飯」。

観光の際には是非とも味わっておきたい一品です。

旅行に行くならご当地のお酒は要チェック

旅行に行くなら、
事前にチェックしておきたいのがそのスポットの特産品です。

お友達や家族、お世話になっている職場の人へのお土産としては勿論、
自分のためのご当地グルメも買っておきたいですよね。

特に普段からお酒を飲んでいる方なら、地酒は要チェックです。
中でも愛媛はスポットごとに気候や環境に応じて地酒が造られているので、
お酒好きの方にはおすすめの観光地。

愛媛は海の幸は勿論、山の幸にも恵まれている土地。

しかし、やはり瀬戸内海に面していると言う事から、
お酒は海の幸に合う柔らかな口当たりのものが好まれました。

しかし時代と共に交通手段が発達し、
行き来が増えるにつれて、酒の味にも変化がもたらされました。

甘口のものから辛いものまでバリエーションが増え、
様々なニーズに合うお酒が開発されるようになったのです。

お酒は、その土地の特色を象徴するおすすめの「グルメ」。

観光の際には是非とも味わっておきたい一品であり、
お土産にも最適です。

愛媛銘菓・タルト

道後温泉や松山城など、
愛媛の観光スポットをたっぷり楽しんだなら、
その後はやはりお土産選びに力を入れたいですね。

家族や友達、職場の人へのお土産は、
どうせならそのスポット特有のものを選びたいもの。

おすすめは「タルト」です。
「タルト」と言うとケーキを想像するかも知れませが、
愛媛銘菓の「タルト」はちょっと違います。

お土産としておすすめの「タルト」は、
一見するとロールケーキのよう。

しかし柔らかいカステラ生地で巻いているのは、何とこしあん。
柚子が混ざっているこしあんは確かに和の味で、
観光客にも大人気のお菓子。

こしあんの甘さの中にも柚子のサッパリとした風味が交じり、
老若男女を問わず長く愛されているお土産です。

「タルト」は、金平糖やボーロと一緒に
ポルトガルから日本にやってきたお菓子で、
松山藩主が広めたと言われています。

愛媛の歴史に根差したお菓子「タルト」、
大事な人達へのお土産に買っていってはいかがでしょう。

愛媛でお土産を買うなら

愛媛旅行をするにあたって気になるのは、やはりお土産。

そのスポット特有のお土産を買って、
家族やお友達の喜ぶ顔を見たいものです。

愛媛旅行のお土産を購入する場合のおすすめスポットは、
「えひめ愛顔の観光物産展」です。

「えひめ愛顔の観光物産展」なら愛媛の特産品はもちろんのこと、
観光する上ではおすすめのお土産やお菓子が揃っているので、
一度でお買い物を済ませてしまいたいと言う方には最適。

桜井漆器や砥部焼、真珠を用いた民芸品などもあるので、
贈る相手の性別や年齢に会わせてお土産を選ぶことが出来ます。

また「えひめ愛顔の観光物産展」では、
おすすめの観光スポットの紹介もしています。

愛媛の何処に行こうか迷った時には是非立ち寄ってみてください。
なお入館出来るのは、午前9:00~午後6:00まで。
休日は水曜日と年末年始。

比較的早い時間に閉まってしまうので注意しましょう。

ホームページには特産品の紹介があるので、
旅行前にチェックしておくことをおすすめします。

ムーミンファンにおすすめのタオル美術館

愛媛のおすすめ観光スポットとして密かな人気を集めているのが、
今治市の「タオル美術館ICHIHIRO(いちひろ)」です。

タオルの生産にかけては日本ナンバーワンの今治市。
この「タオル美術館ICHIHIRO」で、
タオルの生産について学んでみてはいかがでしょう。

「タオル美術館ICHIHIRO」は観光スポットとしてもおすすめですが、
実はムーミンファンにもおすすめのスポットです。

ムーミンと言えば、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの小説が原作。

アニメ化もして、日本でも大人気の作品です。

「タオル美術館ICHIHIRO」では、そんなムーミンに関する展示や、
ムーミンショップが展開されているだけでなく、

ブロンズ像が並ぶムーミンガーデンもオープンされました。

ムーミンファンには堪らない観光スポットですね。

「タオル美術館ICHIHIRO」にはレストランも併設されているので、
愛媛で刊行する場合はそちらでご飯を食べつつ、
美術館を楽しむと良いでしょう。

愛媛の密かな特産品・タオル

愛媛の観光名所としておすすめのスポットと言えば、

道後温泉や松山城、夏目漱石の「坊ちゃん」に纏わるスポットが有名。

しかし特産品の存在も忘れてはいけません。

愛媛の特産品と言えば、まずぱっと思い付くのはやはりみかん。

しかし今回おすすめしたいのは、タオル産業です。

あまり知られていませんが、今治市はタオル産業日本ナンバーワン。

普段は意識していなくても当たり前に使用している日用品ですね。

そんな愛媛県今治市には、観光スポットとしてもおすすめの
「タオル美術館ICHIHIRO」があります。

美術館としても楽しめるのはもちろんですが、
4階では綿から糸が作られ、
その糸がタオルになるまでの製造工程を見ることが出来ます。

大人だけでなく、お子さんの自由研究にもピッタリのスポットです。

また観光客にも大人気のおすすめポイントは、
入り口前のコットンロード。

タオルの原材料であるコットンで作られた
巨大な食べ物のオブジェが並んでいます。

味覚狩りが楽しめる愛媛

愛媛と言えば、みかんの産地として有名ですよね。

おすすめの観光スポットは沢山ありますが、
やはりみかん狩りをしてみたいと言う方は多いのではないでしょうか。

四国の中でも特に味覚狩りが楽しめる愛媛。
「美味しいものが大好き!」と言う方にはおすすめの土地なので、
是非とも各地の味覚狩りスポットをチェックしてみてください。

愛媛での味覚狩りというと上記の通りみかんが有名ですが、
実はみかん以外にもおすすめの味覚狩りスポットは数多くあります。

例えばさつまいも。

甘くて美味しいので、スイーツ好きの女性なら好きな人も多いですよね。

みかんやさつまいも以外ならいちじく、柿、レモンにブルーベリーなど、
特に女性に人気が高い果物が多め。

愛媛には味覚狩り以外にも、
道後温泉や松山城などの有名な観光スポットがあります。

様々な面から観光を楽しむことが出来る愛媛。

年齢や性別を問わず楽しむことが出来るので、
是非とも一度は行ってみたい土地ですね。

このページの先頭へ