亥の子祭の「遊子包丁汁」

皆さんは「亥の子(いのこ)祭」をご存知でしょうか。

日本の中でも西の地方に見られる祭であり、
11月に宇和島市の遊子(ゆす)スポットで開催されています。

亥の子祭は無病息災と子孫繁栄を願い、
豊作を祝うお祭りになりますが、
そこで振る舞われるのが「包丁汁」と言う料理です。

お祭りやイベントの際に、
遊子漁協女性部が作る「遊子包丁汁」の特徴は、
何と言ってもそのスープ。

鯛の中骨をオーブンで焼いた後に茹でることで、
透明なスープを作るのです。

鯛の美味しさがぎゅっと詰まったスープを隠し味で味付けし、
自家製の麺を直接出汁で煮込むのが「遊子包丁汁」。

一見するとうどんのようですが、
もちっとした食感はお団子のようでもあります。

加えて、具材は鯛の切り身。

鯛のスープの中に鯛の切り身まで入った、
贅沢だけど優しい味の郷土料理になります。

グルメスポットとしても知られる愛媛。

観光の際に亥の子祭に参加することが出来たら、
是非とも食べておきたいおすすめ料理です。

このページの先頭へ